外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 インターネット通信販売最大手のアマゾンジャパン(東京・目黒)は24日、一般用医薬品(大衆薬)の販売を始めたことを明らかにした。これまでビタミン剤などの「第3類」は扱ってきたが、新たに、風邪薬や胃腸薬など需要の大きい「第2類」まで品ぞろえを広げた。薬のネット販売は政府が成長戦略で解禁を打ち出した。厚生労働省の作業グループが購入者の連絡先の記録作成・保存を努力義務とするなどの新ルールをまとめている。

共同通信