外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】米司法省は12日、米国内の発着枠の一部返上などを条件に、アメリカン航空の親会社AMRとUSエアウェイズの合併を容認すると発表した。差し止めを求めて提訴していた司法省が容認に転じたことで合併への障害はなくなる。12月中に合併手続きは完了する見通しで、旅客輸送実績で世界最大手の航空会社が誕生する。

共同通信