ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

アラスカで火山噴火

 AP通信によると、米アラスカ州南部のパブロフ山(標高2518メートル)が噴火し、火山灰が19日、6千メートル近くの上空に達した。航空機の運航に影響が出る恐れがあるという。アラスカの火山観測所によると、今月13日に始まった噴火による火山灰は、航空機向けの4段階の警戒レベルのうち、最高の「赤」となる高度の少し下に広がっている。同山は、アリューシャン列島を含む火山帯の有力な火山の一つ。(共同)

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。