外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【エルサレム共同】2004年にフランスで死去したパレスチナ自治政府のアラファト議長=当時(75)=の死因を調べていたスイスの調査団が「放射性物質ポロニウム210で毒殺されたとする見解をある程度支持する」などとする報告書をまとめた。中東の衛星テレビ、アルジャジーラが6日、報告書の内容を伝えた。

共同通信