外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 2004年にフランスで死去したパレスチナ自治政府のアラファト議長の毒殺説に絡み、AP通信は27日、自治政府当局者の話として、ヨルダン川西岸の自治区ラマラに土葬されているアラファト氏の遺体が掘り起こされたと報じた。フランスなどの専門家による調査団が遺骨の検体から死因を鑑定する準備を進めている。今年7月、スイスの研究所の検査でアラファト氏の遺品から放射性物質ポロニウム210が検出されたと報じられた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信