ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

アラブ連盟が交渉再開に柔軟姿勢

 【エルサレム共同】頓挫しているイスラエルとパレスチナの和平交渉の再開に関連し、カタールのハマド首相は4月30日までに、イスラエルに「占領地からの撤退」を求める従来の主張から柔軟姿勢に転じ、「土地交換」の可能性に言及した。訪問先の米国でケリー国務長官との会談後にアラブ連盟を代表して述べた。ハマド氏が「土地交換」を認めたことで、和平交渉再開へ向けて進展も期待される。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。