外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 アルジェリア人質事件で犠牲となったプラント建設大手、日揮(横浜市)の日本人現地駐在員10人のうち9人の遺体と、無事だった7人を乗せた政府専用機は25日朝、羽田空港に到着した。ともに帰国した日揮の川名社長は25日、記者会見し「痛恨の極みだ」と述べた。遺体は遺族が対面した後、司法解剖された。政府は、鈴木外務副大臣から現地の状況を聴取後、犠牲者計10人の名簿を発表した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









共同通信