外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【メキシコ市共同】アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで、銃で撃たれた状態で発見されたアルベルト・ニスマン検察官について捜査当局は19日、「第三者が関与した形跡がない」として、自殺の可能性を指摘するとともに「(自殺)教唆があった可能性も排除できない」と述べた。捜査担当の検察官の話として同国のナシオン紙などが報じた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信