外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【リオデジャネイロ共同】脳内出血が見つかり、除去手術を受けたアルゼンチンのフェルナンデス大統領(60)は13日、首都ブエノスアイレスの病院を退院した。医師団が発表した。経過は順調で、今後30日間の休養が必要。この間は航空機で移動できないという。大統領は8月に頭部を打った後、頭痛を訴え、慢性硬膜下血腫と診断された。当初は手術不要とされたが、左腕がうずくなどの症状が出たため、今月8日に手術を受けた。

共同通信