外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ジュネーブ共同】アルプスの名峰マッターホルン(標高4478メートル)を下山中の日本人登山者2人が悪天候に見舞われて遭難し、日本外務省は12日、60代の男性2人が死亡したことを明らかにした。旅券などからスイスの現地警察が2人の身元を確認したが、遺族の同意が得られておらず、公表は控えるという。

共同通信