ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

アルプスの氷河4割減少

 【ジュネーブ共同】スイスを中心に広がるアルプスの氷河面積が2012年に1900平方キロメートルとなり、1960年代後半~70年代前半に比べ4割近く減少していることが14日、分かった。同国の複数の専門家が明らかにした。二酸化炭素(CO2)など温室効果ガスの排出増による地球温暖化が原因としている。温暖化対策を取らなければアルプスの氷河が消滅する恐れもあるという。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。