外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 南米チリ・アンデス山脈に20の国と地域が参加して建設した「アルマ望遠鏡」のアンテナ群の一部に、完成を前にチリで強盗事件に巻き込まれ亡くなった森田耕一郎・国立天文台教授=当時(58)=の名を冠することで国際チームが合意したことが2日、明らかになった。建設に尽力した森田さんをしのび、日本が担当した16台のアンテナの正式名を「モリタアレイ」とする。世界の天文学者が森田さんの多大な貢献を認めた格好だ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信