外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東京都調布市の市立小学校で昨年12月、乳製品アレルギーのある女児が給食後に死亡した問題で、都教育委員会は19日、乳製品入りの食品を渡した担任の男性教諭(29)を停職1カ月の懲戒処分にした。また監督責任があるとして当時の校長(57)=現在は別の小学校校長=を戒告とした。都教委の調査に対し、教諭は「今回のことは大変申し訳なく思っている」と話しているという。

共同通信