外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【マニラ共同】フィリピン最高裁は19日、アロヨ元大統領(69)が在任中に政府基金を使い込んだとする横領罪について「証拠が不十分」として、公訴取り下げを決定し、軍病院で拘束されてきたアロヨ氏の釈放を命じた。決定は11対4の賛成多数。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信