外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【カイロ共同】イエメンの首都サヌアで20日、イスラム教シーア派の武装組織「フーシ派」の支持者らが金曜日の礼拝のために集まっていた2カ所のモスク(礼拝所)が狙われた自爆テロで、過激派組織「イスラム国」は犯行を認めた声明で「作戦は来るべき洪水の始まりにすぎない」と述べ、フーシ派に対するテロを継続すると宣言した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信