外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【カイロ、ワシントン共同】ヘーゲル米国防長官は6日、米軍特殊部隊がイエメンで国際テロ組織アルカイダ系武装組織「アラビア半島のアルカイダ(AQAP)」の人質となっていた米国人フォトジャーナリスト、ルーク・サマーズ氏(33)の救出作戦を実施したが失敗し、サマーズ氏が死亡したことを明らかにした。アフガニスタンを訪問後、声明を発表した。

共同通信