外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【カイロ共同】国連人権理事会の専門家グループは28日、イエメン内戦の当事者であるサウジアラビア主導の連合軍と、親イランの武装組織「フーシ派」の双方が「戦争犯罪を犯している可能性がある」と非難する報告書を発表した。長期化するイエメン内戦を巡り、国連による戦争犯罪の調査は初めて。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信