外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【カイロ共同】内戦状態が続くイエメンのサレハ前大統領が2日、ハディ暫定政権に対抗するため連携してきたイスラム教シーア派系武装組織「フーシ派」を批判し、暫定政権を支えるサウジアラビア主導の連合軍に停戦に向けた対話を求めた。反政府勢力内の亀裂が決定的となった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信