外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【カイロ共同】反政府デモが続くイエメンの首都サヌアで26日、女性数百人が全身を覆う伝統的なベールを燃やして、サレハ大統領によるデモ弾圧に抗議した。AP通信によると、衣装を燃やして弾圧の激しさを国際社会に訴えるのが狙いで、女性の権利拡大などとは関係がないという。イエメンの反政府デモは、ノーベル平和賞受賞が決まった女性人権活動家タワックル・カルマンさんが主導するなど、女性が大きな役割を果たしている。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信