外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【サヌア共同】イエメンの首都サヌア近郊で15日、地元部族民に日本人男性(63)が拉致された事件で、在イエメン日本大使館は18日早朝も男性解放の確認作業を続けた。男性の身柄は既に交渉関係者の下に移されたとみられるが、大使館は直接男性と面会し、早期に解放を確認したいとしている。一方、交渉関係者は、収監されている犯人の親族の釈放を政府と協議すると約束したことで、解放交渉が進展したと明らかにした。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信