外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【サヌア共同】イエメンの首都サヌア近郊で地元部族民に日本人男性(63)が拉致された事件で、在イエメン日本大使館は18日、男性の身柄が依然、犯人側にあり、同日朝から解放交渉が再開されるとの連絡をイエメン当局から受けたことを明らかにした。サヌア州知事は17日夜、記者団に対し、犯人側が新たな条件を提示し、当局が拒否したため解放が延期されたことを明らかにした。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信