外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【プノンペン共同】1970年代後半のカンボジアで虐殺などにより200万人近くの国民を死に追いやったとされるポル・ポト政権のナンバー3で、副首相兼外相だったイエン・サリ被告が14日、プノンペンの病院で死去した。87歳だった。家族が明らかにした。元ポト派幹部らを裁く国連支援の特別法廷が2007年に逮捕。人道に対する罪などで10年に起訴され、11年6月から公判が進められていたが、今月4日に入院した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信