ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

イカタコウイルス流しデータ破損

 「イカタコウイルス」と呼ばれるコンピューターウイルスを流し、感染者のパソコン内のデータを破損させたとして、警視庁ハイテク犯罪対策総合センターは4日までに、器物損壊の疑いで、大阪府泉佐野市、会社員中辻正人容疑者(27)を逮捕した。同センターによると、ウイルスによるデータ改変を器物損壊容疑で摘発したのは全国初という。09年夏ごろからイカタコウイルスの被害が目立ち始めた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。