外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米紙ワシントン・ポスト(電子版)は2日、イスラエルが今年4月から6月の間にイランの核関連施設を攻撃する可能性が非常に高いと、パネッタ米国防長官が分析していると報じた。情報源は明示せず、著名記者のコラムの形をとっている。パネッタ氏は訪問先のブリュッセルで同日、AP通信に対し、同紙の報道について「コメントしない」と述べ、内容を否定も肯定もしなかった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信