外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【エルサレム、カイロ共同】ロイター通信などによると、イスラエル軍は29日から30日未明にかけ、レバノン国境に近いシリア領内を空爆した。欧米外交筋などが明らかにした。ロシア製の地対空ミサイルをレバノン側へ運んでいた車列を狙ったとの見方が出ている。イスラエル軍はコメントを拒否した。一方、シリア軍は30日、国営メディアを通じた声明で、車列が空爆されたとの情報を否定。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信