ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

イスラエルと接触凍結を継続

 【エルサレム共同】パレスチナ自治政府のアッバス議長は25日、イスラエル政府がエルサレム旧市街にあるイスラム教とユダヤ教双方の聖地の警備を強化するため、監視カメラ導入を決めたことに反対を表明し、イスラエル側との接触凍結を続けると述べた。パレスチナのメディアが伝えた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。