外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 来日中のイスラエルのバラク副首相兼国防相は18日、東京都内で記者会見し、核兵器開発疑惑があるイランへの軍事攻撃に踏み切るかどうかについて「まだ結論は出せない。今は制裁をしている段階であり、時間的余地は残されている」と述べた。バラク氏は国際社会の対イラン制裁に関し「より厳格に、より迅速にして、核を放棄するよう追い込んでいかなければならない」と強調した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信