外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ラマラ共同】パレスチナ自治政府のファイヤド首相は17日、ヨルダン川西岸ラマラの首相府で共同通信と単独会見し、パレスチナ住民にイスラエル製品の不買を呼び掛けていることを明らかにした。イスラエルが自治政府に代わって徴収した税金の自治政府への送金を凍結したことに対する対抗措置。イスラエルの反発が予想され、中断している和平交渉の再開はさらに遠のくことになりそうだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信