外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【エルサレム共同】イスラエルのネタニヤフ首相は8日、核兵器開発が疑われるイランについて、先制攻撃へ向け「ストップウオッチを持って立っているわけではない」とした上で、時期について「何日か、何週かの問題ではないが、何年かという問題でもない」と述べ、差し迫ってはいないとの認識を示した。民放チャンネル2のインタビューで語った。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信