外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【エルサレム共同】イスラエル沖のタマル・ガス田で30日、パイプラインを通じた天然ガス輸送が始まった。推定埋蔵量は約2700億立方メートルで今後、電気料金値下げなど経済への好影響が期待されている。イスラエルのメディアが報じた。イスラエルはこれまでエネルギーの大半を輸入に依存。首相府によると、ネタニヤフ首相はガス輸送開始について「エネルギー分野の独立に向けて重要な一歩を踏み出した」と評価した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信