外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【エルサレム共同】イスラエル政府は28日までに、エルサレムで続くパレスチナ人による投石などに対抗するため、市民の生死に関わるような危険がある場合、治安当局が銃撃することを許可する方針を決めた。死傷者が増加すれば双方の対立が激化する恐れがある。

共同通信