ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

イスラム指導者がテロ主導か

 【バルセロナ共同】スペインの連続テロで、地元メディアは20日、北東部カタルーニャ自治州リポイのモスク(イスラム教礼拝所)のイマーム(指導者)だったサティ容疑者が計画を主導したと報じた。警察は、指名手配したモロッコ出身のユネス・アブヤクブ容疑者(22)の行方を追及。報道によると、アブヤクブ容疑者はバルセロナ暴走テロの実行犯で、逃走している。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。