外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【カイロ共同】エジプト北東部シナイ半島で24日、イスラム教のモスク(礼拝所)が襲われ、235人が死亡したテロで、エジプト治安当局は過激派組織「イスラム国」(IS)などがイスラム教スンニ派の神秘主義(スーフィズム)信徒らを狙った可能性を明らかにした。エジプトではシナイ半島を中心に、治安当局やキリスト教徒を狙ったテロが主流だったが、過激派は中東全域で劣勢となり、標的をイスラム教徒にも拡大し始めたとみられる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信