外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【イスラマバード共同】パキスタン北西部の部族地域、南北ワジリスタン両地区で2日深夜から3日未明にかけ、米国の無人機による空爆が相次ぎ、地元当局者によると、地元で有力なイスラム武装勢力のマウルビ・ナジール指導者ら少なくとも計13人が死亡した。ナジール指導者は、国際テロ組織アルカイダや隣国アフガニスタンで駐留米軍などに攻撃を繰り返す反政府武装勢力タリバンと協調しており、米国に大きな成果となりそうだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信