外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 絶滅危惧種に指定されている大型の猛禽類イヌワシの生息数が大幅に減少、500羽程度となっていることが分かった。調査した日本イヌワシ研究会(事務局・東京)が16日までに明らかにした。過去33年でつがいの数は3分の2となり、繁殖成功率も下がっている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信