外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【カイロ共同】イラクの首都バグダッド北方のイスラム教シーア派住民が多いハンバニサドで17日、自動車爆弾による自爆テロがあり、ロイター通信によると、子どもを含む100人以上が死亡した。シーア派を異端視するスンニ派の過激派組織「イスラム国」が犯行声明を出した。同組織による一度の爆弾テロとしては最悪規模の被害。

共同通信