外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【カイロ共同】日本の人権団体「ヒューマンライツ・ナウ」は18日、2003年開始のイラク戦争後、同国中部ファルージャで生まれつき体に障害のある子どもが増加しているとの報告書を発表。原因として、米軍などの劣化ウラン弾や兵器用の重金属に含まれる汚染物質が疑われるとの専門家の見方を示した。ファルージャは米軍などが激しく攻撃した地域。同団体は今年1月約1カ月間、地元の総合病院で医師や家族から聞き取りした。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信