外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【カイロ共同】イラク中部のイスラム教シーア派聖地カルバラ近くで26日、車2台に仕掛けられていた爆弾が相次いで爆発、AP通信によると、巡礼者ら25人が死亡、68人が負傷した。ロイター通信などによると、爆発はカルバラとシーア派の聖地ナジャフなどを結ぶ道路で発生。カルバラでは同派のイマーム(指導者)の死を悼む宗教行事が行われる予定で、各地から集まった巡礼者を狙った犯行とみられる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信