外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【バグダッド共同】イラク中部ヒッラーや首都バグダッドなどで5日、イスラム教シーア派最大の宗教行事アシュラのため、中部の聖地カルバラなどに向かっていた巡礼者らを狙う爆弾テロが相次いで発生、ロイター通信によると、少なくとも32人が死亡、100人以上が負傷した。シーア派を敵視する国際テロ組織アルカイダ系武装勢力の犯行とみられる。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信