外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【カイロ共同】イラクの首都バグダッドのイスラム教スンニ派住民が多い地区で17日午後、爆発があり21人が死亡。AP通信によると、爆弾テロが相次いだ同日の死者は全土で計76人となった。多くがスンニ派を標的にしたテロとみられる。16日までの2日間は主にシーア派が狙われており、対立が激化しているもようだ。APによると、1日の死者数としては過去8カ月で最悪。アルカイダ系武装勢力が関与している可能性もある。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信