世界の出来事

 【カイロ共同】イラク軍は18日、過激派組織「イスラム国」(IS)が拠点としてきた同国北部モスルで、ISが最後のとりでとして立てこもった旧市街への突入作戦を開始した。既にモスルのほとんどを奪還しており、完全制圧を急いでいる。国連によると旧市街には市民10万人以上が「人間の盾」として取り残されており、作戦完了の時期は不明。

共同通信

 世界の出来事