外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【カイロ共同】イラクの首都バグダッド北方タージの軍事基地で28日、自爆テロがあり、警備員11人を含む少なくとも19人が死亡、24人が負傷した。ロイター通信が伝えた。イラク駐留米軍が予定する12月中の完全撤退を前に、武装勢力の自爆テロなどが増加、治安の悪化が目立ち始めている。ロイターによると、10月には市民161人が犠牲になり、今年最悪の死者数となっている。 自爆テロがあった軍事基地は首都北方約20キロの地点。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信