外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【カイロ共同】イラク南部バスラで14日、警官を装った男による自爆テロがあり、フランス公共ラジオによると、50人が死亡、100人が負傷した。イスラム教シーア派の宗教行事アルバインで、バスラ近郊の宗教施設に向かっていた巡礼者らを狙ったとみられる。イラクではシーア派を狙ったテロが頻発しており、国際テロ組織アルカイダ系武装勢力による犯行の可能性がある。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信