外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ウィーン共同】国際原子力機関(IAEA)の天野之弥事務局長は24日、イラン核問題の報告書をまとめた。イランが中部フォルドゥにある国内第2のウラン濃縮施設で昨年11月以降、濃縮ウランを製造する遠心分離機を計約700基へ倍増させ、濃縮度約20%のウラン製造活動が急拡大していると指摘した。地下深くにあるフォルドゥの施設でのウラン濃縮活動を拡大、イスラエルの攻撃などに備える狙いがあるとみられる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信