外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【サルダシュト共同】1980年代のイラン・イラク戦争中に化学兵器攻撃を受けた被害者の支援活動などを続けるNPO「モースト」(広島市)のメンバーらが29日夕、攻撃から30年を迎えたイラン北西部サルダシュトの墓地を訪れ、犠牲者を追悼した。10年以上にわたり交流を続けてきた被害女性との再会も果たした。

共同通信