外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府が出資する国際石油開発帝石(INPEX)は15日、イラン南西部のアザデガン油田の開発事業から撤退すると正式発表した。同社は油田の権益のうち約10%を保有しており、これを手放す。米国は核兵器開発問題を抱えているイランに対して制裁の構えをみせており、日本は米政府の強い意向に配慮せざるを得ない状況だった。INPEXの筆頭株主は経済産業相。日本は資源戦略の再構築を迫られそうだ。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信