外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【アルマトイ共同】イラン核問題をめぐる同国と国連安全保障理事会の5常任理事国にドイツを加えた6カ国との協議は6日、具体的な進展がないまま2日間の日程を終え、次回日程も決まらなかった。イランと6カ国側の双方は終了後の会見で、それぞれの立場に「大きな隔たりがある」と述べた。イランは6月の大統領選を控え、外交上の譲歩を示すのが難しい時期に入っており、協議の早期再開は困難な情勢だ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信