外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】国連安全保障理事会は11日、イランが中部コムの近郊で第2のウラン濃縮施設を稼働させたことなどについて非公開で協議し、安保理各国の大使によると、核開発への懸念が表明された。協議終了後、米国のディカーロ国連次席大使は記者団に対し、イランが同施設で濃縮度20%のウラン製造を始めたことを「正当化できない」と批判した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信