ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

イラン企業に不正送金容疑で逮捕

 核開発への関与が疑われ経済制裁の対象となっているイラン企業に不正送金したとして、警視庁公安部は23日、外為法違反の疑いで、東京都港区の海運代理業「ベン・ライン・エージェンシーズ・ジャパン」の役員ら3人を逮捕した。捜査関係者によると、対イラン経済制裁をめぐる事件の摘発は全国で初めて。送金先は、イラン国営の海運会社「イラン・シッピング・ラインズ(IRISL)」の関連企業。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。