外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】トランプ米政権は7日、イラン核合意離脱に伴う「史上最強」の対イラン制裁第1弾を再発動、イランも一歩も引かず、両国間の対決色が鮮明になった。11月には第2弾としてイラン経済の中枢である原油と金融に対象を広げ、さらに強い打撃となるのは必至。核合意は存続の危機を迎えた。反発したイランが核開発を再開すれば両国の本格的な対立に発展、中東情勢が一気に流動化し、軍事的緊張が高まる恐れもある。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信